• HOME
  • オープンキャンパス
  • 入試イベント
  • 入試情報
  • 学部・大学院
  • 就職・資格
  • 学生生活
  • 資料請求

HOME > 関大Q&A > 一般入試&共通テスト利用入試について

一般入試&共通テスト利用入試について

試験地について、大阪で受験するのと、大阪以外の地元の試験地で受験するのとではどちらが有利ですか?
どの試験地で受験しても、同一試験日であれば、全ての試験地で同じ試験問題を使用し、同じ合格最低点(学部学科ごと)で合否を判定するため、有利・不利は一切ありません。また、大阪で何人、大阪以外の試験地で何人といった合格者数の枠は設けていませんので、地元の試験地で安心して受験してください。
試験は3教科型が中心ですが、それ以外にどのような試験方式がありますか?
一般入試の3教科型を中心に、共通テスト利用入試は多科目型の方式のものなど、多様な試験方式を設けています。

試験方式によって教科数や配点などが異なるので、苦手な科目や得点が伸びなかった科目があっても得意科目で挽回することも可能です。自分の強みを発揮できる試験方式で、挑戦してください。
理工系学部への進学を考えていますが、数学や理科で履修・修得していない科目や分野があります。このまま、一般入試や共通テスト利用入試を受験して入学しても授業についていけるか不安です。
数学や理科は理工系学部での学びの基礎となる教科です。高校などで履修・修得していない等、不安に感じられている科目や分野については入学前に自習されることをお勧めします。

なお、入学後は、理工系学部で開設している「学習支援室」の教員や大学院生のチューターが学習に関する相談に応じています。
試験地は試験ごとに選べるのですか?
受験していただく試験地については、受験日ごとに選択していただくことが可能です。