KANSAI UNIVERSITY
  • HOME
  • オープンキャンパス
  • 入試イベント
  • 入試情報
  • 学部・大学院
  • 就職・資格
  • 学生生活
  • 資料請求
サマーキャンパスin堺

HOME > 最新情報 > 化学生命工学部のAO入試で新たな募集枠【関大メディカルポリマー(KUMP)型】を導入します。

最新情報 多様な入試 記事詳細

【2018年5月7日UP】化学生命工学部のAO入試で新たな募集枠【関大メディカルポリマー(KUMP)型】を導入します。

 化学生命工学部では、AO入試において新たに【関大メディカルポリマー(KUMP)型】を導入します。
 ※従来の募集内容は【活動実績評価型】とし、継続して募集します。
 ※【関大メディカルポリマー(KUMP)型】では化学・物質工学科のみ募集します。

KUMPとは・・・
 関西大学が開発した医療用の高分子材料=関大メディカルポリマー(Kansai University Medical Polymer)のことです。関西大学の化学生命工学部(化学・物質工学科)とシステム理工学部(機械工学科)が、大阪医科大学の臨床医の協力を得て関大発Made in Japanの医療用材料や医療機器を開発中です。最終的には、医療現場の「人(患者と臨床医)に届く」ことを目指しています。


■化学生命工学部 AO入試【関大メディカルポリマー(KUMP)型】の概要
 ※募集内容の詳細については、2018年6月中旬公開予定の入学試験要項にてご確認ください。
 ※【活動実績評価型】との併願は認めません。

① 求める学生像
 化学生命工学部では、化学・物質工学あるいは生命・生物工学に根ざした『ものづくり』に対する広い基礎知識に立脚しながらも、その知識にとらわれない自由な発想のできる活力と創造性にあふれた技術者・研究者の養成をめざしています。このため、関大メディカルポリマー(KUMP)型では、工学の基礎となる高校課程の数学と理科の学習内容を十分習得していることに加えて、特に「関大メディカルポリマー(KUMP)の研究内容と関連した材料やしくみの設計を通した『ものづくり』によって社会に貢献する目的意識の強い学生」、「好奇心が強く新しい事象を学んだり新しい価値を生み出したりすることに喜びを感じることのできる学生」、「単に知識を増やすだけでなく自ら考えることのできる学生」を受け入れます。したがって、受験のための勉強ではなく、材料化学・工学・医療の境界領域で学ぶことに意欲的で、「人に届く」医療器材の開発を通じて社会へ貢献したいという高い志を持つ、学力・人物ともに優れた人材の入学を期待しています。

② 学部で特に定める基準
 次の1から3の要件を満たしている者。
 1.化学生命工学部 化学・物質工学での勉学を強く希望し入学を志す者。
 2.医療機器や医療用材料に関する知識とその開発に携わりたいという意欲を、自らのこれまでの学びに基づいて強く
   説明・アピールできる者。
 3.高等学校もしくは中等教育学校における履修科目が次の基準を満たしている者。
   英語:コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲの3科目を修得または履修していること
   数学:数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・Bの5科目を修得または履修していること
   理科:物理基礎、物理、化学基礎、化学の4科目を修得または履修していること
   (注) 履修科目の読み替え等の詳細については、入学試験要項にてご確認ください。

③ 選考方法
■第1次選考
 「入学志望理由書」、「課題レポート」、「調査書」による書類選考を行います。
 ※「課題レポート」は、関大メディカルポリマー(KUMP)に関するWEB講義を聴講し、その講義内容を1,200字程度
 でまとめるものです。なお、第2次選考の面接(口頭試問を含む)には、本レポートに関する質問も含みます。
 講義動画はこちらをクリック
■第2次選考
 第2次選考実施日当日にセミナー(60分)を受講し、当日配付するレポート用紙にセミナーの概要をまとめ、提出してい
ただきます。提出されたレポートと出願書類を基に面接(口頭試問を含む)を行います。

 ※募集内容の詳細については、2018年6月中旬公開予定の入学試験要項にてご確認ください。