KANSAI UNIVERSITY
  • HOME
  • オープンキャンパス
  • 入試イベント
  • 入試情報
  • 学部・大学院
  • 就職・資格
  • 学生生活
  • 資料請求
いつもプラスがあふれるところ Kan-Dai Every Day
  • 学生インタビュー
  • 研究最前線
  • 学部・大学院紹介
  • オープンキャンパス

バックナンバー

2017年度掲載 経済学部 経済学科 統計・情報処理専修 片山 直也 ゼミ

  • 研究概要紹介
  • 教員紹介
  • 学生インタビュー
  • 研究概要紹介
  • 教員紹介
  • 学生インタビュー

経済学部 経済学科 統計・情報処理専修
片山 直也 ゼミ

学びを行動に生かすことができるそれがマーケティングの面白さです
経済学部 経済学科 統計・情報処理専修 中野 加菜 さん (上の写真左) 久保 こころ さん (上の写真右)

中野さん「ゼミでの学びを、現場で確かめる」

ゼミでは、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」が巧みなマーケティング戦略により経営的に劇的な回復を遂げたプロセスを解説した本を読んで勉強しています。これまでニュースなどで表面的なことしか知らなかった活動の裏側には、実は緻密な戦略があったことを知り、ワクワクしながら勉強しています。
その学びを、さらに深めてくれるのが、自分自身の経験です。実は「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」でアルバイトをしているので、具体的にどのような対策が行われているのかを「中の人」として知ることができます。これまで何気なく聞き流していたスタッフへの指示の一つひとつにも、実はマーケティングに関する様々な考え方が反映されている。そう思うと、単純なアルバイトが興味津々、学びの機会に変わります。
学生の間にいろいろチャレンジしたいと思っていたので、昨年はキャリアセンターが主催する「グローバル企業体感プログラム」に参加し、ベトナムに行きました。現地では実際に販売促進活動に取り組み、書店の店頭では工夫をこらしながら日本語練習ノートを販売しました。このプログラムは、私にとって自分の視野を広げる貴重な体験となりました。マーケティングの中でも、自分の適性が企業間取り引きに向いていそうなこと、海外で働くことの楽しさを体験したことなど、多くの収穫がありました。
ゼミで学んで感じるのが、マーケティングの土台となる統計データの重要性です。統計学の知識を高め、マーケティングの知識も深めることで、自分にとって理想のキャリアを歩んでいきたいと思います。

研究イメージ 研究イメージ

久保さん「アルバイト先の新店舗立ち上げに関わる」

私の将来の夢は、動物愛護センターなどで保護されている犬を引き取って、里親を見つける保護犬カフェを開くことです。そのためにはペット経済をマーケティングの視点で学ぶ必要があると考えて、片山先生のゼミを選びました。
とても幸運なことに、ゼミで学んだマーケティングの知識を実際に生かす機会をアルバイトで得ることができました。たまたまアルバイト先の飲食店が、新店舗を出すことになり、その企画のお手伝いをさせてもらえたのです。具体的には、お店のコンセプトを創り、競合するお店との差別化を考えます。メニュー開発でもアイデアが求められ、責任が重くて大変でした。しかしこの経験は、将来自分でお店を開きたいと考えている私にとって、これ以上ない学びとなりました。現状の保護犬カフェは、殺処分に回される犬たちを一匹でも多く救いたいという理念はすばらしいものの、そこにマーケティングの視点が欠けているのが問題だと感じます。マーケティングの理論を活用して、理想を現実化するための手段を、ゼミでさらに深く学び、夢を確実に実現したいと思います。
私はアルバイト先で、勉強した内容を実践するチャンスに恵まれました。大学ではもちろん勉強が大切ですが、他にもさまざまな体験をする場があります。幅広く活動する中で、自分の夢を見つける。それが大学生活で、最も大切なことだと思います。

研究イメージ 研究イメージ