• HOME
  • オープンキャンパス
  • 入試イベント
  • 入試情報
  • 学部・大学院
  • 就職・資格
  • 学生生活
  • 資料請求
実力アップセミナー
 
医療機関勤務 白﨑 愛里さん 2014年3月 関西大学
臨床心理専門職大学院
心理学研究科 心理臨床学専攻 修了

Q.中学生の頃から「心理」に興味を抱いてらっしゃったそうですね。 はい、はっきりしたきっかけは覚えていないのですが、中学生の頃に漠然と興味を感じ、心に関わる仕事として「臨床心理士」を志望し始めました。当時はどんな仕事なのかもわかっていなかったのですが、関西大学なら心理学を専門的に学べること、そして専門職大学院へ進学すれば臨床心理士の受験資格を得られることに魅力を感じ、関西大学の受験を決めました。 Q.関西大学の教員から、多くの影響を受けられたそうですね。 そうです。学部学生の時も、大学院でも、たくさんの先生からさまざまな刺激を受けました。特に大学院に入ってからは、師事した先生のようになりたいという具体的な目標、というよりも夢を描かせていただきました。本当に生涯尊敬し続けるであろう先生ばかりです。 Q.教員からどのようなことを学び、影響を受けたのでしょう? 先生のお人柄にも惹かれたのですが、大きな影響を受けたのはやはり臨床心理士としての姿勢です。先生から「人間は誰もが実現傾向にある。より良い生き方を選択し、良い方向へ向かっていく有機体である」という考えを基本に、「カウンセリングをする際は、こちらはクライアントのことを何も知らない。クライアント自身がすべてを知っている。だから私たちが教えてもらうというスタンスで、体験をともにしなければならない」と教わりました。すべての人に敬意を払う姿勢にとても共感し、めざす臨床心理士像がぐっと具体的になりました。 Q.そして専門職大学院時代には、カウンセラーとして心理臨床のケースを担当されたのですね。 学内の外来も受け付けている心理臨床カウンセリングルームで初めてケースを担当したときは、ずっとやりたいと思っていたことがかなう喜びの反面、「本当に自分にできるのか?」と不安も大きかったです。およそ1年間、週1回のペースで大学院生として数名のクライアントと面談し、本当に、ものすごく勉強させていただきました。クライアントにお叱りを受けたこともありましたし、うまく援助できたケースもありました。でも、心理というのは正誤が明確なわけではないので、私のカウンセリングが本当に良かったのかは自分でもわかりません。ただ、先生から学んだように、クライアントの体験をともにするという姿勢を大切に取り組むようにしました。 Q.現在は大学病院の心療内科にお勤めですが、学びは生かされていますか? 患者さんの心理検査や心理カウンセリング、ご家族の支援などが主な業務です。実際に働いてみて、大学院での豊富な実習や学びが仕事に生かされていることを実感しました。しかし私自身、まだまだ未熟であり、勉強も経験も足らないと感じています。この仕事を通じていろいろな人の人生に寄り添い、臨床心理の専門家として、そして一人の人間として一歩ずつ成長していきたいと思っています。 ムービーを見る

オープンキャンパス、各種イベントはコチラ
関西大学の研究力についてはコチラ
関大生のキャンパスライフについてはコチラ