• HOME
  • オープンキャンパス
  • 入試イベント
  • 入試情報
  • 学部・大学院
  • 就職・資格
  • 学生生活
  • 資料請求

キャッチ!KanDai

関西大学の最新ニュースをお届けします

体育会サッカー部の松尾勇佑さんがJリーグ・大分トリニータに入団内定

photo
大体こんなこと
  • 関西大学文学部4年次生で体育会サッカー部の松尾勇佑選手が、2023年シーズンからJ リーグ・大分トリニータの選手として加入することが決定した。松尾選手は、2022年シーズンからJFA・Jリーグ特別指定選手としてチームに参加する。
  • 松尾選手は、「大分トリニータという素晴らしいクラブでプロへの第一歩を踏み出せることを誇りに思います。そして、関西大学のスタッフや仲間、これまで関わってくださった方々に感謝を申し上げます。これまで通りサッカーを楽しんで、応援してくださっている方々を笑顔にできるような選手になりたいと思います」とコメント。
  • 体育会サッカー部・窪田諭部長は、「大学入学後のたゆまぬ努力が、大分トリニータへの入団につながりました。持ち味のスピードを武器に、技術を磨き、チーム、Jリーグそして日本を代表する選手になってください。今まで支えてもらった家族、サッカー部や周囲の方々への感謝を忘れず、さらに飛躍して、関西大学とサッカー部員の模範と目標となるべく活躍することを期待します。人々に喜びと勇気を与え、チームと社会に貢献できる選手となることを願っています」とエールを送った。
詳細を見る

堺キャンパス祭2022を開催

  • photo
  • photo
  • photo
大体こんなこと
  • 関西大学堺キャンパスで、人間健康学部生による堺キャンパス祭2022を開催した。今年のテーマは「あつまれ!にんけんの祭~大人も子どもも動物も~」。このテーマには、世代を超えた大勢の方に、笑顔で楽しんでもらえるキャンパス祭にしたいという学生たちの思いが込められおり、初めて2日間の開催となった。
  • 当日、ステージ企画ではダンスや軽音楽ライブで盛り上がり、屋外では「ヨーヨーすくい」など縁日の催しや模擬店をはじめ、小学生対象の「アーティスティックスイミング教室」や「プチ自然体験プログラム」、室内ではバラエティ番組でみるようなストラックアウトやお化け屋敷、スーパーボールすくいなど、たくさんの楽しい企画を実施。
  • 関西大学卒業のプロボクサー寺地拳四朗選手のトークイベントも行われ、2日間で延べ約3,000人の地域住民の方や学生が来場。盛りだくさんの企画で、3年ぶりの堺キャンパス祭は大いに賑わった。
詳細を見る

関西電力と包括連携協定を締結

photo
大体こんなこと
  • 関西大学と関西電力株式会社は、カーボンニュートラル社会の実現に向けた包括連携協定を締結した。関西電力がカーボンニュートラルに関して大学と包括連携協定を結ぶ事例は関西大学が初。
  • 本協定は、大阪・関西、日本、世界におけるカーボンニュートラル社会の実現に向けた取組みの推進や課題解決に寄与することを目的としている。今後、共同研究や人材育成など様々な分野で相互に連携し、カーボンニュートラルにかかる取組みを強化。
  • 具体的には、カーボンニュートラル達成に資する共同研究をはじめ、SDGsに関する講義への講師招聘(しょうへい)、 キャンパス・カーボンニュートラルの実現に向けた詳細計画の策定<取引先(Scope3※)を含めた温室効果ガス排出量の可視化、再生可能エネルギー導入等の方策の検討など>について、協力して進めていく予定。

  • ※Scope3…事業活動の一連の流れから発生する温室効果ガスのうち、事業者自らによる直接排出(Scope1)および 他社から供給された電気、熱・蒸気に伴う間接排出(Scope2)以外の間接排出(事業者の活動に関連する他社の排出)のこと。
詳細を見る

体育会弓道部が第34回全国大学弓道選抜大会で準優勝

  • photo
  • photo
  • photo
大体こんなこと
  • 第34回全国大学弓道選抜大会が、東京の全日本弓道連盟中央道場で行われた。41チームが参加した本大会は、まずは各チーム4選手が4射ずつ放って合計16射で争われ、関西大学は予選を14射的中の1位通過を果たした。
  • 決勝トーナメント1回戦では、東北福祉大学と対戦。昨年の同大会では1回戦敗退を経験しており、硬さが見られたが9-8で辛勝。2回戦の山口大学戦は11-7と調子を上げて関西大学が勝利した。
  • 準決勝は、関西で最大のライバル・大阪経済大学と対戦して本大会最高となる14射的中。大阪経済大学を1射差で下して、決勝へとコマを進めた。決勝では中央大学に10-12と惜しくも敗れたが、見事銀メダルを獲得した。
詳細を見る

コミュニケーションスキルアップ講座「ほめる達人」講座を開催

  • photo
  • photo
  • photo
大体こんなこと
  • 関西大学ボランティアセンターがコミュニケーションスキルアップ講座「ほめる達人」講座を開催した。
  • 学生生活を充実させるために欠かせないコミュニケーション力。SNSの普及により匿名で容易に他者を傷つけ、他者との関わり方が希薄になっている昨今、日常生活でお互いを認め合い、ほめる機会が少なくなっている。本講座は心の底から相手の良さを見いだし、あらゆるものから価値を発見できるノウハウを学ぶべく、3回開催し延べ201人の学生が参加した。
  • 講師を務めた西村貴好氏(関西大学卒業生、日本ほめる達人協会理事長)は、相手の存在価値を認め、ピンチをチャンスに転換し、あらゆる人の生き方を変える考え方「目からウロコ」の発想である「ほめ達」の実践方法について講義した。学生たちは、ペアワークでほめ達を実践し、3回とも非常に盛り上がりを見せていた。参加者は、「人の良いところを見つけることの大切さを改めて知ることができた」「グループワークを通して考え方が身に付き、楽しい上に成長の種をもらった」と感想を話した。
詳細を見る

過去の記事一覧