• HOME
  • オープンキャンパス
  • 入試イベント
  • 入試情報
  • 学部・大学院
  • 就職・資格
  • 学生生活
  • 資料請求

キャッチ!KanDai

関西大学の最新ニュースをお届けします

第45回総合関関戦団結式を開催

  • photo
  • photo
  • photo
大体こんなこと
  • 関西大学千里山キャンパスで第45回総合関関戦団結式を開催。総合関関戦は、関西大学と関西学院大学の体育会各部がそれぞれの誇りをかけて対戦する伝統あるイベントで、2019年以来3年ぶりの開催となる。関西大学の体育会は"KAISERS"という名称があり、本戦を前に"KAISERS"が一つになるべく、各部の代表選手が一堂に集結した。
  • 前田裕学長・芝井敬司理事長の挨拶に続き、総合関関戦実行委員長を務める漕艇部の城野吏哉さん(社会学部3年次生)は、「今年度のスローガンは"明星"に決定しました。この関関戦は真っ暗な空に上る一番星のような戦いです。総合優勝に向けてみなさんの力が不可欠です。みなさんにとって有意義なものとなるよう祈念しています」と挨拶の言葉を述べた。
  • 選手を代表して弓道部主将の奥野早紀さん(化学生命工学部4年次生)は「伝統ある総合関関戦を開催できることに感謝し、たくさんの方々の思いを乗せた心のこもった全力プレーをしていきましょう。KAISERS全員が一つとなって勝利をつかみとり、見ている人の心に光を与えられる、そんな試合をしていきましょう」と決意表明をした。
詳細を見る

2022年6月5日、大学昇格100年記念式典&シンポジウムを開催

photo 最新情報
大体こんなこと
  • 関西大学は2022年6月5日に「大学昇格100年」を迎えた。これに伴い、当日に大学昇格100年記念式典およびシンポジウムを挙行。シンポジウムのテーマは「大大阪の誕生と旧制関西大学の出発 -山岡順太郎と学の実化-」
  • 1886年11月4日、関西大学の前身である関西法律学校は、大阪西区京町堀の願宗寺において開校。その後、専門学校令に基づく私立学校にも帝国大学と同等の資格を認める大学令が公布されたことを機に、山岡順太郎のリーダーシップの下、大阪財界の支援を得て1922年に念願の大学昇格を果たした。
  • 関西大学にとってメモリアルイヤーである1922年(大学昇格、学是「学の実化(※)」の提唱、「学歌」の制定、千里山学舎の開設など、関西大学の礎を築いた年)当時を、大阪の街の発展とともに振り返った。

  • ※学の実化…関西大学の教育研究活動の理念となっている学是。大学は教育研究に実社会の知識や経験を取り入れ、社会は大学の学術研究の成果を取り入れることによって、「学理と実際との調和」を求める考え方。
詳細を見る

大学昇格100年記念 関大花植え活動を行いました

  • photo
  • photo
  • photo
大体こんなこと
  • 今から100年前の1922年は、大学昇格をはじめ、当時の総理事・山岡順太郎による教育・研究活動の基本的理念「学の実化」の提唱、今日まで歌い継がれる「学歌」の制定、現在の千里山キャンパスの開設など、今日の関西大学の礎を築いた年。
  • その記念事業の一環として、関西大学経済学部と商学部の学び舎である第2学舎1号館前の広場を、山岡順太郎の胸像ととともにリニューアルすることとなり、ボランティアセンターが花壇の花植え活動を行った。
  • 当日は、小雨が降りしきる中約30人の学生が集まり、汗をぬぐいながら活動に励んだ。一生懸命に植えた花には蝶が舞い降り、花々の間を飛び回った。参加した学生は、「大学昇格100年という記念の年に、初めてのボランティア活動ができてよかったです」「花植えという貴重な体験ができてうれしいです」と話した。
詳細を見る

体育会レスリング部・稲本喬弘さんが全日本ジュニアレスリング選手権で準優勝

photo
大体こんなこと
  • 全日本ジュニアレスリング選手権が神奈川・横浜武道館で行われ、U20のグレコローマン87kg級に出場した関西大学ルーキーの稲本喬弘さん(人間健康学部1年)が準優勝した。
  • 小学5年生からレスリング競技を始めた稲本さんは、これまで全国大会では2位か3位にとどまり、長崎・島原高校最後の全国大会でも3位だった。稲本さんは、今回銀メダルを獲得したもののまだ納得していない表情で「これまで1番を全国で獲ったことがない。大学ではタイトルを」と、自身初の全国初優勝を視界にとらえていた。
詳細を見る

高速道路に関わる諸施設の維持管理を高度化を目指す「インフラマネジメント研究会」を設立

photo 最新情報
大体こんなこと
  • 関西大学では、道路施設の維持管理の高度化を目的に、他大学や産業界とも連携した研究チーム 「インフラマネジメント研究会」を設立。同研究会では、社会インフラの先進的な維持管理手法を検討し、より高度な情報技術の適用を推進する。
  • 社会・経済活動を支えている道路、鉄道、公共構造物などの社会インフラには、高度成長期以降に多額のストックが投下されたが、その経過年数が長期にわたる施設が増大している。そこで、事故を未然に防ぎ、大規模災害に対応するための戦略的な維持管理が重大な社会問題となっている。
  • 同研究会では、高速道路に関わる諸施設を対象として、3次元高精度カメラによる異常箇所の検知システム、3次元高度点群データによる維持管理手法、UAVによる3次元計測システムを活用した維持管理手法、AI(人工知能)の活用による維持管理手法等の検討を行う。
詳細を見る

大学の勉強法にヒントを!アカデミックスキル「ワンポイント講座」を開講中

  • photo
  • photo
  • photo
大体こんなこと
  • 関西大学教育開発支援センター・ライティングラボは、千里山キャンパスでアカデミックスキル「ワンポイント講座」を開講した。
  • 本講座は、大学生の勉強方法にヒントを与え、必要なスキルを身につけることが目的。「アカデミックスキルコース」(全10回)のほかにも、社会学部・システム理工学部・環境都市工学部・化学生命工学部の学生を対象に、実験レポートやデータ分析について学べる「実験・調査コース」(全6回)も開講している。
  • 「レポート用の言葉選び」をテーマにした講座では、教育開発支援センターの上島洋一郎先生が書き言葉での表現の方法や接続詞の使い方、ナンバリングの重要性を説明した。
詳細を見る

過去の記事一覧