• HOME
  • オープンキャンパス
  • 入試イベント
  • 入試情報
  • 学部・大学院
  • 就職・資格
  • 学生生活
  • 資料請求

キャッチ!KanDai

関西大学の最新ニュースをお届けします

2022年、関西大学は大学昇格100年を迎えます

photo 最新情報
大体こんなこと
  • 関西大学は2022年6月5日に「大学」昇格100年を迎える。これを祝うとともに、2022年度には記念式典やシンポジウム、キャンパス内の整備、関西大学の学是を現代社会に問う「学の実化(※)」講座、さらには経済人・起業家等の育成を目的とした「山岡塾」<山岡順太郎(※)に由来>など、多彩な事業を実施する予定。
  • 関西大学の前身である関西法律学校は、1886年11月4日、大阪市西区京町堀の願宗寺において開校した。その後、専門学校令に基づく私立学校にも帝国大学と同等の資格を認める大学令(現在の学校教育法)が公布されたことを機に、山岡のリーダーシップの下で大阪財界の支援を得て、1922年6月5日、念願の大学昇格を果たした。 関西大学にとって1922年は、大学昇格をはじめ、教育・研究活動の理念である「学の実化」の提唱、今日まで歌い継がれる「学歌」(作詞:服部嘉香・作曲:山田耕筰)の制定、現在のメインキャンパスである千里山学舎の開設など、今日の関西大学の礎を築いたメモリアルイヤーとなっている。

  • ※学の実化(がくのじつげ)…山岡順太郎が提唱し、以降、関西大学の教育研究活動の理念となっている学是。大学の真理討究においては、空理空論をもてあそぶのではなく、大学教育に実社会の知識や経験を取り入れ、「学理と実際」とを調和させて社会に有用な人材の養成を求める考え方。

    ※山岡順太郎(第11代学長 総理事)…大阪商船(現在の商船三井)、大阪鉄工所(現在の日立造船)など数多くの会社の社長・役員等を務め、1917~1921年まで大阪商業会議所会頭。1920年、関西大学評議員に推挙され、1922年5月総理事に選任された。翌年学長に選任される。千里山学舎建設、 大学昇格などの大事業を遂行した関西大学中興の祖。
詳細を見る

コロナ禍2年目の第3弾学生アンケート。 最も学習効果の高い取組みは「教員からのフィードバック」

photo 最新情報
大体こんなこと
  • 関西大学では、コロナ禍の学生の実態把握や教育改善等を目的として、昨年度に引き続き第3弾となる学生アンケート調査を実施した。本調査は、在学する学部生27,736人に対して、インターネットによる無記名方式で実施したもの。
  • 授業の「満足度」や「理解度」についての設問では、両項目ともに前回比約14ポイント増となった。さらに、「対面授業で困っていること」の設問では、「一方的な講義が多い」と答えた学生が約15%(前回調査より22.7ポイント減)となり、授業運営の課題でもあった「双方向性の確保」に関して、大幅な改善傾向がみられた。その他、「質問がしにくい」や「先生の指示が分かりにくい」といった設問も前回から2~3ポイント減となり、全体的な満足度向上につながったものと推察される。
  • また一方で、「学習意欲や学習効果を高める上で効果的な方法」を質問したところ、学生が最も効果的と考えるものは「教員からのフィードバック」であることが示された。
  • キャンパスでの学びや出会いで、自身の成長に不可欠な「つながり」が生まれる。関西大学では、今後もしっかりとした感染防止策を講じ、さらなる教育の質向上ならびに学生の生活環境改善に努めていく。
詳細を見る

野球部・野口智哉内野手がオリックス2位指名! 関大野球部から16年ぶりのプロ選手誕生

photo スポーツ
大体こんなこと
  • 関西大学体育会野球部の野口智哉内野手(人間健康学部4年次生)が2021年プロ野球ドラフト会議において、 オリックス・バファローズから2位指名を受けた。また、2020年3月に卒業した同野球部出身の森翔平投手 (三菱重工West)も広島東洋カープに2位指名を受けた。
  • 野口選手は「高い評価をいただいて光栄。オリックス・バファローズは小学生時代にジュニアチームに所属していた縁のあるチーム。1位指名でなかった悔しさはあるが、これからしっかり活躍して、自分を選んでよかったと思われる選手に、チームの顔となってたくさんの応援がもらえる選手になりたい。」とコメント。
  • 関西大学体育会野球部・早瀬万豊監督は「大学入学時から能力の高さを感じていた。持ち味の肩の強さに加え、守備範囲の広さやスローイングなど全体的に大きくレベルアップしたが、まだまだ伸びしろのある選手。プロの世界は厳しい競争の世界だが、さらに力をつけて立派なプロ野球人、社会人になってたくさんのファンに愛される選手になってほしい。」と述べた。
詳細を見る

外国語学部生がStudy Abroadプログラムでドイツに出発!

  • photo
  • photo
  • photo
大体こんなこと
  • 関西大学外国語学部では、国際社会のフロントランナーとなりうる人材育成を目的に、2年次に海外の提携大学へ約1年間留学するStudy Abroadプログラムを行っている。コロナ禍により昨年からオンライン留学が続いていたが、2月に9人の学生が韓国に渡航し、8月と9月に68人がアメリカへ、9月に10人がイギリスへと出発した。
  • 10月1日大阪国際空港で、ドイツに渡航する6人の学生に、竹内理学部長は「何より病気や怪我をしないことが大切。しっかり楽しんで無事に帰ってきてください」と激励の言葉を送った。
  • 大石茉帆さんは「ドイツ語が通じるか心配。自信は30%くらい。メールでやり取りしていた現地のバディの学生と会うのが最初の楽しみ」と、不安を抱える今の正直な気持ちを話した。一方、楽しみな気持ちの方が大きいと話す平松巧さんは、「たくさんの人と仲良くなっていろいろな考え方と触れ合いたい。自分の考えをしっかり主張できる『スケールのでかい人間』になって帰ってきます」と言葉に力を込めた。
  • すでに海外の提携校へ渡っている87人と合わせて、海外滞在中の外国語学部生は合計93人となった。今後、関西大学外国語学部では、学部のTwitter、Instagram、Facebookなどで、学生の留学生活の様子を発信する予定。
詳細を見る

関西大学の全キャンパスで対面授業がスタートしました。

  • photo
  • photo
  • photo
大体こんなこと
  • 関西大学は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い秋学期授業は10月11日まで遠隔授業を行ってきたが、10月12日から原則として対面授業(一部オンデマンド配信授業)を開始した。
  • 久しぶりに活気が戻ってきたキャンパスには、マスク姿の学生が通学。12日に授業を受けた正下実紅さん(経済学部3年次生)は「顔を合わせて話をすることは、グループワークではとても大切だと思います。これから頑張ろうと思います」、また古西曜帆さん(経済学部3年次生)は「顔をみて話せることがうれしい。3年次生なのでコロナ禍でも就活をがんばろうという気持ちになります」と話した。
詳細を見る

関大アーカイブズ「関西大学と村野藤吾」

  • photo
  • photo
  • photo
大体こんなこと
  • 関西大学学内広報誌『関西大学通信』のコンテンツの一つ「なるほど・ザ・関大」のアーカイブズから、今回お届けするのは日本建築界の偉才、村野藤吾氏。
  • 村野氏は、明治から昭和にかけて大阪を拠点に活躍した建築家で、代表的な作品に旧そごう百貨店大阪本店・旧 大阪新歌舞伎座等がある。関西大学においても、1949年から1980年にかけて千里山キャンパスのおよそ40棟の建物を設計し、現在の千里山キャンパスのデザインに大きな影響を与えた。
  • 村野氏が設計した建物にはタイルを用いた作品が多く存在し、建物ごとに貼り方や色合いが異なる。関西大学の建物においても、エリアや建築時期によりタイルに違いが見られる。なかでも簡文館では、色が異なる数種類のタイルが使われており、場所によって貼り方にも違いがあり、そうした差異や色の濃淡が、建物の魅力をより一層引き立てている。また村野氏らしい優美ならせん階段も見どころのひとつ。
  • 村野氏の作品のなかには老朽化のため取り壊されたものもあるが、円神館や特別講堂(現在のKUシンフォニーホール)、第3学舎1号館、岩崎記念館などその半数近くが現存している。
詳細を見る

過去の記事一覧