• HOME
  • オープンキャンパス
  • 入試イベント
  • 入試情報
  • 学部・大学院
  • 就職・資格
  • 学生生活
  • 資料請求

【受験生応援企画】
関大生に聞いた「受験直前期にやってよかったこと」

学生インタビュー
前原 侑佳さん
【文系学部・一般入試 3教科型(同一配点方式含む)で合格!】
社会学部 社会学科 心理学専攻 1年次生
(兵庫/夙川高校出身)
土井 翼さん
【文系学部 一般入試3教科型で合格!】
文学部 総合人文学科 1年次生
(大阪/大阪市立高校出身)
山本 佳穂さん
【理工系学部 一般入試3教科型【理科設問選択方式】で合格!】
システム理工学部 数学科 1年次生
(大阪/浪速高校出身)
受験生応援企画

関西大学はがんばる受験生を応援します!

入試本番に向けてがんばっている受験生の皆さんへ、関大生の先輩たちの合格体験談をお届けします。受験直前までの勉強内容や、得意科目・苦手科目の攻略法、入試イベントを活用するメリット、出願時に意識したことなど、合格につながった具体的なエピソードを語ってもらいました。

ここで学びたいという強い気持ちで複数回受験して合格!

【ポイント1】直前期のスランプを乗り越えられたのは周りの人々のおかげ(前原さん)

大学で心理学を学びたい!と考えるなかで、幅広い分野の心理学を学べる関西大学社会学部を志望。英語・国語・世界史の3教科の関大入試対策を進めてきたのですが、疲れがたまっていたのか、年が明けてから急にスランプに陥りました。英語の問題に集中できず、過去問題を解いても得点が上がらないことに落ち込んで…。模試の判定がずっと「E」だったこともあり、ネガティブな方向に気持ちが向かいました。私一人だったら、受験をあきらめてしまっていたかもしれませんが、一緒に頑張る友人たち、朝早くからお弁当を作ってくれた母、落ち込んでいる私に気づいて声をかけてくれた学校の先生と、周りの人たちからたくさん励ましてもらい、気持ちを切り替えられました。入試直前は緊張と不安でいっぱいでしたが、「こんな気持ちじゃ本番も引きずられる」と思い、今までやってきたノートや参考書を読み返すことで「これだけやってきたんだから大丈夫!」と気持ちを落ち着けました。

【ポイント2】関大に特化した対策を進め、さらに自分に有利になる受験方式を選択した(前原さん)

私は一般入試では、他大学を受験せず関西大学だけに絞ると決めていたので、大学ごとに異なる出題の傾向や方式に対応するといった対策に時間を取られることなく、関西大学の過去問題に集中して向かうことができました。そして、社会学部の全学日程1と全学日程2にすべて出願。さらに共通テストの自己採点後に、心理学も一部のカリキュラムで学ぶことができる総合情報学部の共通テスト利用入試(併用)に追加出願しました。少しでも合格の可能性を高められる共通テスト利用入試(併用)を出願できたことは、気持ちの面でも安心できるポイントでした。さらに高校の世界史の先生の勧めで、2/7の最終日は3教科型の〈同一配点方式〉で受験しました。英語は過去問題を解いてきた経験から、出題内容によって得点にばらつきが出ると考えました。そこで、比較的安定して得点できる世界史の配点比率が高い方式を選べば、少しでも安心材料を増やせると思って選びました。結果的に、この方式を選んでおいて良かったと思います。関西大学は、自分の得意科目を生かせる方式が多数あるので、受験するうえで、方式を細かくチェックすることも合格の秘訣だと思いました。

緊張するのは当たり前。そこであきらめないことが何より大切です!(前原さん)

高校で受けた最後の英語の個別指導の日に、「ここまでよく頑張ってきたね。あとはもうやってきたことをそのままやるだけだから大丈夫。安心して行っておいで」と言ってもらい、胸がいっぱいになって泣きました。また、受験前日、関西大学を勧めてくださった先生から「侑佳ちゃんなら絶対大丈夫!」と言ってもらったことも忘れられません。こうして臨んだ入試本番ですが、初日は正直なところ厳しかったです。周りが賢そうな人ばかりに思えたし、英語は時間が足りなくて…。手ごたえのなさに落ち込みましたが、先生に「今日がダメでも、明日も明後日もあるよ!」と背中を押してもらい、翌日から頑張ることができました。全6回の受験は後半になるほど、調子も自信も高まっていき、最終日の世界史は出題される時代とエリアを予測して臨んだこともあり、一番の手ごたえを感じることができました。結果的に合格をつかむことができたのは、複数回の受験と周りの支えがあったからです。 いよいよ受験直前期、時には不安や緊張で逃げ出したくなる時もあると思います。でも、決してあきらめないでください。入試の先には、今の何十倍も楽しい大学生活が待っています。「あの時頑張ってよかった!」と思える日が必ず来るので、自分を信じて最後まで頑張ってください。応援しています!

直前まで過去問題を解き続け、一般入試(3教科型)で合格!

【ポイント1】残り3カ月からの巻き返しを誓い、過去問題を徹底対策した(土井さん)

当初は国公立大学をめざしていたこともあり、秋までは共通テストを見据えて基礎固めに力を入れていました。関西大学は早い段階から併願先として視野に入れていましたが、試験対策に取り掛かったのは11月。いざ過去問題を解いてみると想像以上に時間内に問題が解けず、合格最低点に届かない状態で、今から挽回できるか不安になりました。受験本番までは残り3ヶ月。とにかく短期間で点数を上げるためには、関西大学の問題に慣れ、苦手な問題や間違った問題の対策に注力すべきと考え、過去問題の演習に徹しました。

【ポイント2】入試問題の特徴をつかむことで、安定して得点できるように(土井さん)

英語は大問Ⅰの文整序問題が関大の特徴的な出題形式なので、とにかく問題数を多く解いて慣れようと考えました。指示語や接続詞に気を付けて解くことで、ミスを減らすことができました。国語は本文に傍線が引かれていないので、設問を先に読んでから本文を読み、該当箇所まで読んだらまた設問に戻るという解き方で、解答時間を短縮。また、日本史も過去問題を数多く解くことで、頻出する時代や範囲、出題形式をつかめました。12月の時点ではなかなか成果が出なかったのですが、自分を信じて対策を続けた結果、入試の1週間前になると3教科の合計得点が目標点を上回るようになりました。

最後まで問題分析や苦手科目の対策に集中したことが合格につながった(土井さん)

迎えた1月の大学入学共通テストでは、思うように得点できず、めざしていた国公立大学は難しいと判断。関西大学を第1志望に変更し、2月の受験本番までさらに苦手科目である英語の過去問題演習を徹底しました。具体策としては、ノートに間違えた問題を書き出し「なぜ間違えたか?」を分析しました。例えば、語彙力が不足しているのであれば今まで使っていた単語帳で単語を覚え直し、長文読解での間違いがあればポイントに傍線を引き間違えた原因を見つけ理解することを意識しました。その結果、解答スピードが上がり、受験直前には過去問題の3教科の自己採点の合計点が過去の合格最低点を安定して上回るようになりました。現在は、関西大学文学部初等教育学専修で小学校教員をめざして学んでいます。授業が難しいと感じることも多い毎日ですが、興味がある内容なので充実した日々を過ごしています。皆さんの受験勉強もあと少し!ベストを尽くしたという自信をもって入試本番を迎えてください。応援しています!

自分の得意科目を生かせる入試方式を調べ、3教科型〈理科設問選択方式〉で合格!

【ポイント1】模試の結果を受けて、基礎・基本の抜け落ち対策に切り替えた(山本さん)

高校数学の問題を解くのが楽しくて、大学でより深く数学を学ぼうと考えました。数学科がある大学を探す中で、先生の層が厚く多様なジャンルの数学が学べる関西大学に注目。国立大学とともに早くから志望大学としていました。しかし、11月に受けた模試でD~E判定が続くことに…。解答解説と分析結果を改めて見直し、“基礎基本の問題で点数が取れていない”ことが判明。12月にあわてて対策を切り替え、高校1・2年で使ったワークを引っ張り出して基礎固めを再開しました。英語は過去問題の長文を1日1つ必ず読み、解答のスピードを上げることを意識。また、すべての科目について自分の基礎・基本が抜けていた内容を付箋にまとめ、一冊の小さなノートに貼り付けて通学時間に確認しました。

【ポイント2】入試方式の特徴を調べて出願したことで、高得点を獲得(山本さん)

出願する入試方式の決定にあたっては、得意教科である数学は安定して得点が取れていたため、苦手な英語も努力を続けつつ、いかに理科で足を引っ張らないようにできるかがポイントでした。理科は物理を中心に対策をしてきましたが、共通テストのために化学も対策してきたので、「できれば物理1科目で勝負したいけど、問題によっては化学でも勝負することができる」。そんな私にとって、2月5日に行われる3教科型〈理科設問選択方式〉は、まさに自分に合った方式でした。この方式は、物理と化学からそれぞれ3問ずつ、合計6問が出題されます。試験問題を確認した上で、その中から3問を選択して解答します。入試当日に問題を見るまでは物理を3問解こうと思っていたのですが、幸運にも化学の大問1つが直観的に「これなら点数が取れそうだ!」と思える内容で、作戦を切り替えました。その結果、理科で高得点を取ることができ、理科と数学で苦手にしていた英語の点数をカバーできました。

複数回受験していたことが、スランプから抜け出る鍵になった(山本さん)

実は2月入試の前半、物理でスランプに陥りました。入試本番で急に頭が真っ白になって、問題を思うように解けなかったのです。今までにない経験でどうしたらいいかわからず、とても不安でした。それでも一日一日を大切に、基礎・基本レベルの問題対策を丁寧に行うことに集中。その結果、2月5日の入試では落ち着いて問題と向き合うことができました。わずか数日間で自信を取り戻すことができたのは、関西大学は難問や奇問が少ないので基礎・基本に立ち返れば大丈夫だと思えたから。そして複数回受験したことで、2回目に軌道修正ができたことも合格の大きな要因だと感じます。受験生活も終盤になると、まわりの人が良い判定を取っていたり、難しい問題に挑戦していたりすることがあると思います。それでも、入試直前を乗り切るコツはあせりすぎないことです。今自分に足りていないことを把握し、今できることを考えて、最後までベストを尽くしてくださいね!

【受験生応援企画】関大生に聞いた「受験直前期にやってよかったこと」

社会学部 社会学科 心理学専攻
1年次生
(兵庫/夙川高校出身)
前原 侑佳さん
【文系学部・一般入試 3教科型(同一配点方式含む)で合格!】
文学部 総合人文学科
1年次生
(大阪/大阪市立高校出身)
土井 翼さん
【文系学部 一般入試3教科型で合格!】
システム理工学部 数学科
1年次生
(大阪/浪速高校出身)
山本 佳穂さん
【理工系学部 一般入試3教科型【理科設問選択方式】で合格!】

学びや大学生活への不安を解消!関西大学の学修サポート

文学部 総合人文学科 国語国文学専修
3年次生
(京都/京都教育大学附属高校出身)
尾関 武尊さん

夢をかなえる!コロナ下での就職活動

兵庫県庁 内定
法学部 法学政治学科
4年次生
(大阪/関西大学第一高校出身)
畳谷 桃子さん

関大生自身による学生支援って?
コロナ下でも活発な課外活動「ピア・サポート」

社会学部 社会学科 心理学専攻
3年次生
(大阪/クラーク記念国際高校出身)
中西 美菜子さん
社会学部 社会学科 心理学専攻
3年次生
(大阪/箕面自由学園高校出身)
吉田 幸星さん

コロナ下での一人暮らしを充実させる3つのポイント

政策創造学部 政策学科
1年次生
(愛媛/松山中央高校出身)
渡邉 秀太さん

今、チェックしておこう!関西大学の給付奨学金制度

環境都市工学部 都市システム工学科
4年次生
(東京/東京都市大学附属高校出身)
竹内 太一さん

学部を問わず、AI・データサイエンスの活用法が学べる教育プログラム

文学部 総合人文学科 情報文化学専修(現 教育文化専修)
3年次生
※掲載内容は、取材当時(2021年度)のものです。
大西 哲生さん

「ゆめサポ ―夢実現支援金―」を活用して
コロナ禍に負けず夢を追いかける関大生たち

システム理工学部 機械工学科
3年次生
(兵庫/三田学園高校出身)
島川 睦望 さん
文学部 総合人文学科 英米文学英語学専修
2年次生
(大阪/常翔学園高校出身)
上田 啓太 さん

【受験生応援企画】
2人の先輩が語る関西大学合格のカギ
~対策・出願・入試本番~

文学部 総合人文学科
1年次生
(大阪/大阪国際大和田高校出身)
山口 諒也 さん
社会学部 社会学科 メディア専攻
1年次生
(大阪/府立三国丘高校出身)
松浦 美佳 さん

「受験直前トライアル」に参加してわかった、
関大英語の攻略ポイント

経済学部 経済学科
2年次生
(広島/県立広島国泰寺高校出身)
辻本 美咲 さん

充実した学生生活をサポートする、さまざまな奨学金制度

化学生命工学部 化学・物質工学科
4年次生
立花 俊介 さん

総合情報学部で学ぶデータサイエンス
~幅広い分野での知識発見を実践~

総合情報学部 総合情報学科
竹中 要一 教授
総合情報学部 総合情報学科
4年次生
小山 凱丈 さん

法律を学ぶ面白さとは?
~世の中の仕組みを理解したい人へ~

法学部 法学政治学科
原 弘明 准教授
法学部 法学政治学科
4年次生
池本 亮太 さん

商学部で学ぶデータサイエンス
~売場を活性化させるビッグデータの最前線~

商学部 商学科
矢田 勝俊 教授
商学部 商学科
4年次生
野間 滉太 さん

【受験生応援企画】
先輩が関西大学の合格をつかんだ2つの理由

受験 文学部 総合人文学科 文化共生学専修
2年次生
(兵庫/県立鳴尾高校出身)
水上 壮平 さん
化学生命工学部 化学・物質工学科
2年次生
(福井/県立若狭高校出身)
犬嶋 日向子 さん

早めにチェック!関西大学「学の実化」入学前予約採用型給付奨学金

奨学金 外国語学部 外国語学科
1年次生
坂田 実優 さん

学生スタッフがオススメ!関西大学オープンキャンパスの活用法

オープンキャンパス 政策創造学部 政策学科
4年次生
杉藤 早野 さん
化学生命工学部 化学・物質工学科
2年次生
岩間 亮 さん

学生が関わり続け、「団地」の今と未来を変えていく

環境都市工学部 建築学科
江川 直樹 教授
理工学研究科 環境都市工学専攻 建築学分野
博士課程前期課程2年次生
横山 哲也 さん

英語をもっと効果的に学ぶためには?

外国語学部 外国語学科
池田 真生子 教授
外国語学部 外国語学科
4年次生
井之上 梨奈子 さん