• HOME
  • オープンキャンパス
  • 入試イベント
  • 入試情報
  • 学部・大学院
  • 就職・資格
  • 学生生活
  • 資料請求

コロナ下での一人暮らしを充実させる3つのポイント

学生インタビュー
渡邉 秀太さん
政策創造学部 政策学科 1年次生
(愛媛/松山中央高校出身)
関西・大阪での一人暮らし

「地元を離れてスタートした一人暮らし。日々成長を実感しています」

関西大学の特徴の一つに、キャンパス内外のさまざまな環境が充実しているという点があります。今回は2021年4月に入学し、地元を離れて一人暮らしを続けている渡邉さんから、コロナ禍における学生生活を充実させるための3つのポイントを語ってもらいました。さらに、一人暮らしを通して一回り成長できたという実感を元に、関西圏以外から関西大学への進学をめざす高校生の皆さんへ、熱い応援メッセージもいただきました!

Point.1 大阪・関西というロケーションを楽しむ

将来は公務員になり、働き方改革を推進する力になりたい。この思いを元に進学先の大学を探し、関西大学に進みました。志望理由の中心は学びの内容でしたが、関西・大阪という立地も大きな魅力でした。大阪の街は経済や文化に活気があり、さらに京都や神戸にも1時間以内で行くことができます。私が下宿しているキャンパス周辺の北摂エリアは落ち着いた住宅地が多く、安心して過ごすことができます。緊急事態宣言が発出されている期間は自宅でのオンライン受講が中心でしたが、関西大学がワクチン接種の早期開始に積極的に取り組んでくれたこともあり、夏以降は外出を再開。マスク着用と手洗い・うがいを徹底しつつ、関西の各都市を訪ねて刺激をもらっています。「大学の4年間は地元を離れ、新しい場所や人とつながって、もっと広い視野で物事を考えたい」と思っていたので、関西という地域にとても満足しています!

Point.2 新しいことに挑戦し、まわりと積極的に関わる

関西大学には全国から人が集まっているので、さまざまな友人を少しでも多く作りたいと考えていました。そこで、入学直後に政策創造学部の学園祭実行委員会に参加。同じ学部の人だけでなく、さまざまな学部の人とのコミュニティにも関われるようになり、コロナ禍でも人とのつながりを維持することができました。また、大学では最低でも1つ以上新しい趣味を作ろうと思っており、6月からはギターサークルにも入部しました。最初はギターの扱い方もわからない状態からでしたが、先輩方の指導のおかげもあり、今では自分の好きな曲をギターで弾けるようになりました。こうして夏以降は、イメージしていた「大学生活」を謳歌できていると感じます。自分から積極的にコミュニティに参加しようと行動したことが良かったと思いますし、学生生活はスタートが肝心だと改めて感じています。

Point.3 将来の目標を常に意識して過ごす

私が公務員をめざそうと思ったきっかけは、高校2年の時に「働き方改革」に関する英語でのディベートに参加したことでした。労働環境を改善すべきだという社会意識は、近年広がり続けています。しかし、すべての人々の労働環境が改善されるにはまだまだ多くの課題を解消する必要があり、私自身も労働行政に関わって雇用や労働の問題を改善していきたいと思うようになりました。現在は政策創造学部の授業の他に、共通教養科目で労働に関する講義を履修して、労働に関する視点を増やすことを意識しています。また、公務員試験に関する情報収集も少しずつ始めており、早い段階から試験対策に取り組もうと考えています。労働行政に関わるならば、できるだけ根本的な部分から、広範囲に影響を与える形で働きたい。そこで国家公務員の採用内定をめざして、達成目標から逆算して勉強を重ねていくつもりです。

不安があって当然、でもその先には期待以上の大学生活が待っている!

まだまだ感染収束が見えない上に、大学入学共通テストの2年目ということもあり、先が見えない不安に襲われている人も少なからずいると思います。ですが、今を乗り越えた先には明るく楽しい大学生活が待っています。皆さんが大学に入学する頃には、きっと多くの活動が解禁され、皆さんが心から待ち望んでいた「大学生活」を謳歌できるはずです。さらに関西圏外出身の皆さんは春から初めての一人暮らしをすることになると思います。一人暮らしはすべてのことに責任をもって自分でやらなければならないので、最初は不安を感じるかも知れません。しかし、自分で考え行動するという経験が、あなたをもう一回り大きく成長させてくれます。大阪はエンターテインメントを初めとして、歴史や文化も豊かな街です。私自身も大阪に住み始めてまだ1年足らずですが、大阪の街に魅了されました!一般入試まであと数ヵ月。不安はあると思いますが、まだ時間があるとポジティブに考えて、悔いの残らないように全力で受験勉強をやりきってください!皆さんが関大に合格できることを心から願っています。春に関大でお会いしましょう!

【受験生応援企画】関大生に聞いた「受験直前期にやってよかったこと」

社会学部 社会学科 心理学専攻
1年次生
(兵庫/夙川高校出身)
前原 侑佳さん
【文系学部・一般入試 3教科型(同一配点方式含む)で合格!】
文学部 総合人文学科
1年次生
(大阪/大阪市立高校出身)
土井 翼さん
【文系学部 一般入試3教科型で合格!】
システム理工学部 数学科
1年次生
(大阪/浪速高校出身)
山本 佳穂さん
【理工系学部 一般入試3教科型【理科設問選択方式】で合格!】

学びや大学生活への不安を解消!関西大学の学修サポート

文学部 総合人文学科 国語国文学専修
3年次生
(京都/京都教育大学附属高校出身)
尾関 武尊さん

夢をかなえる!コロナ下での就職活動

兵庫県庁 内定
法学部 法学政治学科
4年次生
(大阪/関西大学第一高校出身)
畳谷 桃子さん

関大生自身による学生支援って?
コロナ下でも活発な課外活動「ピア・サポート」

社会学部 社会学科 心理学専攻
3年次生
(大阪/クラーク記念国際高校出身)
中西 美菜子さん
社会学部 社会学科 心理学専攻
3年次生
(大阪/箕面自由学園高校出身)
吉田 幸星さん

コロナ下での一人暮らしを充実させる3つのポイント

政策創造学部 政策学科
1年次生
(愛媛/松山中央高校出身)
渡邉 秀太さん

今、チェックしておこう!関西大学の給付奨学金制度

環境都市工学部 都市システム工学科
4年次生
(東京/東京都市大学附属高校出身)
竹内 太一さん

学部を問わず、AI・データサイエンスの活用法が学べる教育プログラム

文学部 総合人文学科 情報文化学専修(現 教育文化専修)
3年次生
※掲載内容は、取材当時(2021年度)のものです。
大西 哲生さん

「ゆめサポ ―夢実現支援金―」を活用して
コロナ禍に負けず夢を追いかける関大生たち

システム理工学部 機械工学科
3年次生
(兵庫/三田学園高校出身)
島川 睦望 さん
文学部 総合人文学科 英米文学英語学専修
2年次生
(大阪/常翔学園高校出身)
上田 啓太 さん

【受験生応援企画】
2人の先輩が語る関西大学合格のカギ
~対策・出願・入試本番~

文学部 総合人文学科
1年次生
(大阪/大阪国際大和田高校出身)
山口 諒也 さん
社会学部 社会学科 メディア専攻
1年次生
(大阪/府立三国丘高校出身)
松浦 美佳 さん

「受験直前トライアル」に参加してわかった、
関大英語の攻略ポイント

経済学部 経済学科
2年次生
(広島/県立広島国泰寺高校出身)
辻本 美咲 さん

充実した学生生活をサポートする、さまざまな奨学金制度

化学生命工学部 化学・物質工学科
4年次生
立花 俊介 さん

総合情報学部で学ぶデータサイエンス
~幅広い分野での知識発見を実践~

総合情報学部 総合情報学科
竹中 要一 教授
総合情報学部 総合情報学科
4年次生
小山 凱丈 さん

法律を学ぶ面白さとは?
~世の中の仕組みを理解したい人へ~

法学部 法学政治学科
原 弘明 准教授
法学部 法学政治学科
4年次生
池本 亮太 さん

商学部で学ぶデータサイエンス
~売場を活性化させるビッグデータの最前線~

商学部 商学科
矢田 勝俊 教授
商学部 商学科
4年次生
野間 滉太 さん

【受験生応援企画】
先輩が関西大学の合格をつかんだ2つの理由

受験 文学部 総合人文学科 文化共生学専修
2年次生
(兵庫/県立鳴尾高校出身)
水上 壮平 さん
化学生命工学部 化学・物質工学科
2年次生
(福井/県立若狭高校出身)
犬嶋 日向子 さん

早めにチェック!関西大学「学の実化」入学前予約採用型給付奨学金

奨学金 外国語学部 外国語学科
1年次生
坂田 実優 さん

学生スタッフがオススメ!関西大学オープンキャンパスの活用法

オープンキャンパス 政策創造学部 政策学科
4年次生
杉藤 早野 さん
化学生命工学部 化学・物質工学科
2年次生
岩間 亮 さん

学生が関わり続け、「団地」の今と未来を変えていく

環境都市工学部 建築学科
江川 直樹 教授
理工学研究科 環境都市工学専攻 建築学分野
博士課程前期課程2年次生
横山 哲也 さん

英語をもっと効果的に学ぶためには?

外国語学部 外国語学科
池田 真生子 教授
外国語学部 外国語学科
4年次生
井之上 梨奈子 さん