• HOME
  • オープンキャンパス
  • 入試イベント
  • 入試情報
  • 学部・大学院
  • 就職・資格
  • 学生生活
  • 資料請求
奨学金制度の紹介

目標に向かって頑張る人の充実した学生生活をサポートする、さまざまな奨学金制度

関西大学では、学びたい気持ちに応えるためのさまざまな奨学金制度があり、目標にむかって頑張る人の充実した学生生活をサポートします。また、新型コロナウイルス感染症の影響によって、修学がより困難にならないようにするための緊急対応・措置も講じております。詳しくはこちらをご覧ください。
奨学金制度のひとつに、入学を強く希望する全国の高等学校出身者(中等教育学校の後期課程を含む)に対して、一般入試または共通テスト利用入試の出願前に、入学後の給付奨学金を予約採用する制度があります。『関西大学「学の実化(がくのじつげ)」入学前予約採用型給付奨学金』といい、出願前に採用内定者を決定します。内定者は一般入試・共通テスト利用入試を受験し、合格・入学することで正式に奨学生として採用され、入学後に給付奨学金を受給できるため、安心して受験勉強に専念することができます。 また、この奨学金制度は関西大学を第一希望とする方だけでなく、国公立大学などとの併願を考えている方も申請可能ですので、進路選択の可能性が大きく広がります。なお、給付期間は4年間です(ただし、毎年学業成績および「修学状況報告書」による継続審査があります)。

※以下の内容は2019年取材時のものです。

さまざまな人との交流を求め、文系・理系が同じキャンパスに集う関西大学へ

大学進学を機に、地元の愛媛を離れて県外へ行きたいと考えていました。さまざまな価値観をもった人たちと出会うことで、自分の視野が広がると思ったからです。母が大阪出身であることや、小学校の頃から続けているボウリングの強豪選手が集まっていることから、関西圏の大学を中心に検討を進めました。関西の私立大学を調べていく中で、多くの大学が文系と理系の学部で学ぶキャンパスが異なっていたのですが、関西大学は私が志望する化学系の学部で、唯一文系の学生と同じキャンパスで学べることがわかりました。ここなら、さまざまな考えや志をもった人たちと出会い、自分の視野が広がるにちがいないと思い、受験を決意しました。

※以下の内容は2019年取材時のものです。

奨学金制度のおかげで、受験勉強のモチベーションが急上昇しました

関西大学への進学を検討する中で、一つ気がかりなことがありました。それは国公立大学に比べると学費の負担が大きいことです。そこで経済面も考慮して、地元の国公立大学も受験することにしました。しかし、日に日に関西大学への思いは強まる一方。すると、母が関西大学「学の実化(がくのじつげ)」入学前予約採用型給付奨学金をWEBサイトで見つけて教えてくれたのです。この返還義務のない奨学金制度を受給できれば、国公立大学と同程度の学費で通えるので負担を軽くすることができる。そう思って、早速この奨学金制度に申請しました。採用内定の通知が届いたのは12月中旬でした。出願前に採用内定を得られたことでモチベーションが上がり、「絶対に関西大学に合格する!」という気持ちで一気に受験勉強のペースが上がったのを覚えています。その結果、関西大学と地元の国公立大学のどちらにも合格! そして、この奨学金のおかげで迷うことなく、関西大学への進学を決めることができました。

※以下の内容は2019年取材時のものです。

継続受給で学業とやりたいことに打ち込むことができた学生生活

入学してからは、勉強と大好きなボウリングの練習が中心の毎日。ボウリングの練習費用にあてるためにアルバイトはしていますが、奨学金をいただいているおかげで必要最小限に抑えられています。アルバイトに追われることなく勉強に集中できたことで、しっかり単位を修得して、この奨学金を継続受給しています。さらに、成績優秀者として認めていただいたことで、別の給付型奨学金までいただけることになりました。ボウリングの方でも全日本大学個人選手権で決勝に出場し、大阪府社会人選手権では準優勝を果たすなど、課外活動も充実して過ごしています。また、「葦の葉倶楽部」という関西大学独自の給付奨学金を受給している学生たちが交流するための組織で、ボランティアスタッフとしての活動も経験。同じ理工系学部はもちろん、文系学部の友人たちとも交流でき、活動を通して視野が大きく広がりました。これらの奨学金制度が経済面を支えてくれ、チャンスを与えてくれたことで、大学生活を通してさまざまなことに挑戦できたと感じます。

※以下の内容は2019年取材時のものです。

関西大学で出合えた、社会に貢献できる研究テーマ

入学した当初、将来の目標はまだ漠然としていました。そんな中、出会ったのが化学生命工学部の宮田教授です。宮田教授の研究テーマの一つに、高分子化学を使って発電するシステムを作るというものがあります。この研究は、成功すれば原子力の代替エネルギーとなる可能性を秘めています。東日本大震災で起こった原発事故に大きなショックを受けた私にとって、社会貢献につながるこの研究内容はとても魅力的でした。そこで、3年次から宮田教授の研究室へ進み、現在は研究に没頭する毎日を過ごしています。卒業後は大学院に進み、さらに研究を深めた上で、いつかはこの研究で社会の役に立ちたいと考えています。まだ将来の夢が決まっていないという受験生も多いと思いますが、関西大学ならきっとやりたいことが見つかるし、バックアップもあります。合格をめざして最後まであきらめずに頑張ってください!

【受験生応援企画】
2人の先輩が語る関西大学合格のカギ
~対策・出願・入試本番~

文学部 総合人文学科
1年次生
(大阪/大阪国際大和田高校出身)
山口 諒也 さん
社会学部 社会学科 メディア専攻
1年次生
(大阪/府立三国丘高校出身)
松浦 美佳 さん

「受験直前トライアル」に参加してわかった、
関大英語の攻略ポイント

経済学部 経済学科
2年次生
(広島/県立広島国泰寺高校出身)
辻本 美咲 さん

充実した学生生活をサポートする、さまざまな奨学金制度

化学生命工学部 化学・物質工学科
4年次生
立花 俊介 さん

総合情報学部で学ぶデータサイエンス
~幅広い分野での知識発見を実践~

総合情報学部 総合情報学科
竹中 要一 教授
総合情報学部 総合情報学科
4年次生
小山 凱丈 さん

法律を学ぶ面白さとは?
~世の中の仕組みを理解したい人へ~

法学部 法学政治学科
原 弘明 准教授
法学部 法学政治学科
4年次生
池本 亮太 さん

商学部で学ぶデータサイエンス
~売場を活性化させるビッグデータの最前線~

商学部 商学科
矢田 勝俊 教授
商学部 商学科
4年次生
野間 滉太 さん

【受験生応援企画】
先輩が関西大学の合格をつかんだ2つの理由

受験 文学部 総合人文学科 文化共生学専修
2年次生
(兵庫/県立鳴尾高校出身)
水上 壮平 さん
化学生命工学部 化学・物質工学科
2年次生
(福井/県立若狭高校出身)
犬嶋 日向子 さん

早めにチェック!関西大学「学の実化」入学前予約採用型給付奨学金

奨学金 外国語学部 外国語学科
1年次生
坂田 実優 さん

学生スタッフがオススメ!関西大学オープンキャンパスの活用法

オープンキャンパス 政策創造学部 政策学科
4年次生
杉藤 早野 さん
化学生命工学部 化学・物質工学科
2年次生
岩間 亮 さん

学生が関わり続け、「団地」の今と未来を変えていく

環境都市工学部 建築学科
江川 直樹 教授
理工学研究科 環境都市工学専攻 建築学分野
博士課程前期課程2年次生
横山 哲也 さん

英語をもっと効果的に学ぶためには?

外国語学部 外国語学科
池田 真生子 教授
外国語学部 外国語学科
4年次生
井之上 梨奈子 さん