KANSAI UNIVERSITY
  • HOME
  • オープンキャンパス
  • 入試イベント
  • 入試情報
  • 学部・大学院
  • 就職・資格
  • 学生生活
  • 資料請求
チャレンジキャンパスin堺キャンパス
いつもプラスがあふれるところ Kan-Dai Every Day
  • 学生インタビュー
  • 研究最前線
  • 学部・大学院紹介
  • オープンキャンパス

インターンシップ バックナンバー

学生インタビュー「出願前に給付が内定する奨学金制度をきっかけに、関西大学の魅力を実感。進路の幅が広がった。」

政策創造学部 政策学科
橋本 竜也さん

関大でプラス
橋本 竜也さん

出願前に採用が内定する給付奨学金制度があります!

関西大学「学の実化(がくのじつげ)」入学前予約採用型給付奨学金は、有為な人材の育成と経済支援を目的に、関西大学への入学を強く希望する全国の高等学校出身者(中等教育学校の後期課程を含む)に対して、入学試験の出願前に入学後の給付奨学金を予約採用する制度です。
本奨学金に申請の上、採用内定者となられた方は、一般入試・センター利用入試を受験し、合格・入学することで正式に奨学生として採用されることとなります。給付期間は4年間です。(ただし、毎年学業成績および「修学状況報告書」による継続審査があります。)

入学前予約採用型給付奨学金について
関西大学 奨学支援グループ

入学前予約採用型給付奨学金制度を知り、
進路の選択肢が大きく広がった

“関西大学「学の実化」入学前予約採用型給付奨学金”のことは、11月に通っていた予備校での大学説明会で知りました。両親に経済的な負担をかけたくないとの思いから、それまでは国公立大学一本に絞っていましたが、この奨学金を利用すると負担が国公立大学と同じくらいになることを知り、関西大学への進学も視野に入れるように。何よりよかったのが、「出願前に奨学金受給の内定を得ることができること」と「他大学を受験しても出願できること」です。他大学の受験が全くできなくなるのであれば出願を躊躇していたかもしれませんが、受験者にメリットのある内容ばかりでしたので、迷うことなく出願しました。
志望していた国公立大学以外に、関西大学も進路の選択肢として出てきたことは、精神的にも大きな支えとなりました。国公立大学だけだと、「今年は失敗できない」とプレッシャーも大きかったのですが、「別の選択肢もあるんだ」ということがわかったことで、少し気持ちも楽になりました。経済的な事情などで国公立大学のみの受験を考えている方がいたら、ぜひ関西大学のこの制度を利用してみてほしいですね。

入学前予約採用型給付奨学金制度を知り、進路の選択肢が大きく広がった

地域活性化について学び、卒業後は
地元鳥取県を盛り上げる仕事に就くのが目標

将来は、地元鳥取県の魅力を伝える、地域活性化に携わる仕事に就ければと考えています。そのために必要な知識を身につけたいと政策創造学部(政策学科)に進学。2年次のゼミでは日本各地で造られている地酒にスポットを当て、地域おこしとの関係について研究しています。今後、学科ではより本格的な研究がスタートしますが、フィールドワークなどで実際に地域に足を運び、現場と教室を往還する学びを通じて、知見を広げていければと思います。
学業以外では、小学生を対象としたサッカークラブでのコーチに力を入れています。私自身、高校までサッカーをしていて、子どものサッカー指導に興味をもっていました。友人の紹介で今のクラブチームに関わらせていただき、現場では自分の気持ちを小学生へ伝えることの難しさを実感するとともに、担当する子どもたちの成長がやりがいに。そのほか、フットサルサークルでの活動、洋食屋さんでのアルバイトなど、毎日が充実しています。

地域活性化について学び、卒業後は地元鳥取を盛り上げる仕事に就くのが目標

さまざまな価値観をもった人たちと交流し、
刺激を受けられるのも関西大学の魅力

“関西大学「学の実化」入学前予約採用型給付奨学金”で経済的な安心感が得られても、地方から関西に出てくる方の場合、大阪での生活に少し不安を感じることがあるかもしれません。実際は私も住んでみて感じましたが、大学のある大阪府の北摂地域は閑静な住宅街で、住環境としてはとてもいいですよ。また交通のアクセスも良く、大阪の中心地である梅田(JR大阪駅)などにも電車ですぐに行くことができるので、学生にとってはその点も魅力だと思います。
そして、いろんな価値観をもった、数多くの先生や学生と出会えるのも関西大学の魅力の一つ。例えば、同じ学科に文部科学省が実施する「トビタテ!留学JAPAN」の日本代表プログラムに参加する友人がいるなど、彼らとの交流を通じて「自分もがんばらないと!」とたくさんの刺激をもらっています。
私自身は、3年次からは、学内のエクステンション・リードセンターが主催する公務員講座を受講する予定です。あわせてゼミ活動も本格的になるので、勉強に費す時間は多くなると思いますが、自分の興味ある分野の学習なので、今から楽しみにしています。

さまざまな価値観をもった人たちと交流し、刺激を受けられるのも関西大学の魅力